リュウカツ

外国人留学生の皆さんの就職活動を応援する情報サイト
  • facebook
  • twitter
  • お問い合わせ/contact

内定者インタビュー Interview with Ryukatsu Seniors

2016年9月15日インタビュー

P.V.さん
(イタリア)
自動車部品メーカー入社

就活開始時期:2016年7月
ポジション:総合職
学校・専攻:イタリアLa Sapienzaローマ大学東洋研究学科

      専門課程卒業
      インターカルト日本語学校

わたしと日本

日本語の勉強を始めて8年が経ちました。小さい頃から日本に興味をもっていて、茶道や書道、そして日本文学が大好きです。高校時代に源氏物語を読み、初恋のような気持ちになりました。大学では、夢野久作の「ドグラ・マグラ」について卒業論文を書きました。とても難しいテーマですが、いろんなことを勉強することができました。私の半分は日本でできているかのように、私にとって日本は大切な存在です。

就活のこと

大学院を卒業し、日本に来ました。そしてJLPT N2をとれたら仕事を見つけようと考えていました。リュウカツに登録し、紹介してもらった企業がこの度、入社することになった自動車部品メーカーです。

日本の就職活動は、たくさんルールがありますので難しいですが、日本語学校の就職サポートプログラムで就職活動について学ぶことができましたし、リュウカツのコンサルタントの松井さんが何度も面談してくれましたので、一緒に乗り越えることができました。

就活をして分かったことは、日本の企業に提出する履歴書は、たくさんの資格が書かれていた、いわゆる「きれいな履歴書」ではないということです。どのようにその企業の役に立つことができるか、どう企業とマッチしているかについて理解してもらえるように、すべての項目においてその企業の仕事と関連づけた書き方ができていることが重要です。


松井コンサルタントと一緒に

仕事を選ぶとき、大きな視点で自分なりの仕事を考えたほうが良いと思います。私の友達は、特定の仕事だけに就職したいと決めていましたが、狭く考えるとチャンスを逃してしまいます。私も最初は、貿易の仕事をすることを考えていましたが、電気工事技術者の父の仕事と関連が深いこの企業に出会い、入社することは運命だったかもしれないと思うようになりました。

入社する企業について

この企業は、働いている人の成長を大切にするので、良い企業だと思っています。1年間の研修を受けながら、自分の仕事の適性や志向を知ることができます。工場で部品の組み立てを理解することもできますし、マーケティングやセールスの仕事を経験することもできます。新たな能力を開発できる大きなチャンスです。私は興味の範囲が広いので、様々なことを経験できることが楽しみです。

将来は、イタリアのカーメーカーと新たなビジネスを生み出す仕事もしたいです。そうすれば、イタリアにとっても経済的に良い効果をもたらすことができるでしょう。イタリアの家族と離れることは少し寂しいですが、イタリアでは仕事がぜいたくなものになりました。このチャンスを活かして一生懸命頑張り、将来はイタリアと日本の架け橋になりたいです。

★履歴書を登録するかたはこちら

履歴書アップロード/UPLOAD CV

★会員登録がまだのかたはこちら

会員登録(無料)/MEMBER REGISTRATION(FREE)
  • ランドハウジング
  • コンビニ求人Z

内定者インタビュー Interview with Ryukatsu Seniors

2016年9月15日インタビュー

P.V.さん
(イタリア)
自動車部品メーカー入社

就活開始時期:2016年7月
ポジション:総合職
学校・専攻:イタリアLa Sapienzaローマ大学東洋研究学科

      専門課程卒業
      インターカルト日本語学校

わたしと日本

日本語の勉強を始めて8年が経ちました。小さい頃から日本に興味をもっていて、茶道や書道、そして日本文学が大好きです。高校時代に源氏物語を読み、初恋のような気持ちになりました。大学では、夢野久作の「ドグラ・マグラ」について卒業論文を書きました。とても難しいテーマですが、いろんなことを勉強することができました。私の半分は日本でできているかのように、私にとって日本は大切な存在です。

就活のこと

大学院を卒業し、日本に来ました。そしてJLPT N2をとれたら仕事を見つけようと考えていました。リュウカツに登録し、紹介してもらった企業がこの度、入社することになった自動車部品メーカーです。

日本の就職活動は、たくさんルールがありますので難しいですが、日本語学校の就職サポートプログラムで就職活動について学ぶことができましたし、リュウカツのコンサルタントの松井さんが何度も面談してくれましたので、一緒に乗り越えることができました。

就活をして分かったことは、日本の企業に提出する履歴書は、たくさんの資格が書かれていた、いわゆる「きれいな履歴書」ではないということです。どのようにその企業の役に立つことができるか、どう企業とマッチしているかについて理解してもらえるように、すべての項目においてその企業の仕事と関連づけた書き方ができていることが重要です。


松井コンサルタントと一緒に

仕事を選ぶとき、大きな視点で自分なりの仕事を考えたほうが良いと思います。私の友達は、特定の仕事だけに就職したいと決めていましたが、狭く考えるとチャンスを逃してしまいます。私も最初は、貿易の仕事をすることを考えていましたが、電気工事技術者の父の仕事と関連が深いこの企業に出会い、入社することは運命だったかもしれないと思うようになりました。

入社する企業について

この企業は、働いている人の成長を大切にするので、良い企業だと思っています。1年間の研修を受けながら、自分の仕事の適性や志向を知ることができます。工場で部品の組み立てを理解することもできますし、マーケティングやセールスの仕事を経験することもできます。新たな能力を開発できる大きなチャンスです。私は興味の範囲が広いので、様々なことを経験できることが楽しみです。

将来は、イタリアのカーメーカーと新たなビジネスを生み出す仕事もしたいです。そうすれば、イタリアにとっても経済的に良い効果をもたらすことができるでしょう。イタリアの家族と離れることは少し寂しいですが、イタリアでは仕事がぜいたくなものになりました。このチャンスを活かして一生懸命頑張り、将来はイタリアと日本の架け橋になりたいです。

★会員登録がまだのかたはこちら

会員登録(無料)/MEMBER REGISTRATION(FREE)
  • ランドハウジング
  • コンビニ求人Z
  • アジア人材就職・転職説明会