リュウカツ

外国人留学生の皆さんの就職活動を応援する情報サイト
  • facebook
  • twitter
  • お問い合わせ/contact

就活マニュアル

就職活動/履歴書の作成

採用されるような履歴書を用意しましょう。

履歴書は学歴や職歴、取得している資格・免許などを伝えるための書類です。書き方や内容で人物像が判断されるケースも少なくありません。正確に記入することはもちろん、分かりやすく丁寧に記入することを心がけましょう。

準備

履歴書の用紙は文房具店や学校の購買部、コンビニエンスストアなどで販売されています。一般用(学校を卒業して初めて就職する学生向け=新卒者向け)の他に、転職者用やアルバイト・パート用などもありますので購入の際には注意しましょう。
複数の企業に応募する場合は、各企業にそれぞれ履歴書を提出することになります。その際、コピー(複写)は行わず、1通ずつ各企業に向けた内容をよく考えて作成することが大切です。
履歴書に記入する際は黒いボールペンを使用します。記入に間違いがあった場合は、修正液や字消し線による修正をおこなわず、新しい用紙に記入し直します。事前に別の紙に下書きをしたり、鉛筆で下書きをしてから、清書すると良いでしょう。
※パソコンやワープロの使用も不可ではありませんが、文字の書き方も見る企業も多く、どちらかと言えば手書きのほうが好まれるようです。
履歴書には必ず写真を貼る必要があります。貼る写真はスーツなどの正装で3ヵ月以内に撮影したものを使用します。
写真店で撮影してもらうか自動証明写真機(証明写真ボックス)で撮影し、写真の裏に名前を記入しておきましょう(はがれる可能性もあるため)。

左面の記入・作成

【1】日付
提出する企業に持参する場合は当日の日付を、郵送する場合は履歴書を投函する日の日付を記入します。
【2】写真
指定の寸法にきれいにカットし、油性ペンなどで裏面に氏名を書いてから、傾かないようにのりで貼り付けます。
【3】ふりがな(フリガナ)
「ふりがな」と書かれている場合は平仮名で、「フリガナ」と書かれている場合は片仮名で記入します。
【4】氏名
フルネームを正確な文字で記入します。
【5】現住所・連絡先
都道府県から記入し、アパートやマンションの名称・部屋番号も省略せずに記入します。ふりがな(フリガナ)は漢字の部分にだけ書けばよいでしょう。
※連絡先は、現住所以外に連絡を希望する場合のみ記入します。

【6】学歴
1行名に「学歴」と記入した上で2 行目以降に内容を記入します。
小学校・中学校については卒業年月のみ、高校以降については入学年月・卒業年月とも記入します。
大学・短大・専門学校については学部・学科・専攻も記入します。現在在学中の場合は、最終行に卒業予定年月を記入した上で、「○○大学○○学部○○学科卒業見込み」などのように記入します。
※学校名などは省略せずに記入します。
※小学校・中学校については記入しなくても構いません。
【7】職歴
新卒者の場合など、ない場合は、空欄のままにしておきます。
アピールになるのであればアルバイト経験を記入しても良いでしょう。
その場合、1行目に「職歴」と記入した上で2 行目以降に内容を記入します。
【8】賞罰
1 行目に「賞罰」と記入した上で2行目以降に内容を記入します。特に記載する項目がない場合は「なし」と記入してください。
※「賞」は国レベルや州や県レベルの賞、あるいは社会的に認められた権威のある賞の受彰歴を記入します。「罰」は刑法犯など過去に犯罪歴のある場合のみ記入します。

右面の記入・作成

【1】免許・資格
持っている免許・資格の正式名称を取得年月順に記入します。数が多い場合は仕事に関係のあるものを抜粋して記載します。なお、取得を目指して勉強中のものがあれば、その旨を記入しても構いません。
【2】特技・趣味・得意科目等
自分らしさをアピールするために必要な内容です。「特になし」などとせず、必ず記入しましょう。仕事に関係ないものでも構いません。 特技の場合は経験年数などを書くのも良いでしょう。「読書」「旅行」などといった一般的な趣味の場合でも、「読書(特に日本の歴史に関するもの)」「旅行(ローカル線と路線バスで全国各地を旅すること)」などと言葉を加えると、より担当者にあなたの印象が伝わるでしょう。
【3】志望の動機
「その企業の何に魅力を感じて応募したのか」「自分は、その企業に対してどのように貢献できるのか」「どんな知識や経験を生かして、どんな仕事をしたいのか」を自分の言葉で、できるだけ具体的に書きます。履歴書の中でも最も重要な項目です。
【4】本人希望欄
自分のやりたい仕事が明確な場合は、その意志を伝えるために希望職種を記入すると良いでしょう。給料・福利厚生・勤務地などの諸条件については、どうしても譲れない場合以外は記入を控えます。特に記入する項目がない場合は空欄にせず「御社規定に準じます」と書きます。

提出の前に

誤字・脱字や不適切な言葉がないかよく確認しましょう。可能であれば日本人の友人に目を通してもらうと良いでしょう。
鉛筆で書いた下書きは、ていねいに消しましょう。
履歴書を持参する場合も封筒に入れて提出します。封筒の表面には「株式会社○○○ 人事部 ○○樣」あるいは「株式会社○○○御中」などと提出先を記入し、さらに「履歴書在中」と封筒の表面に記入しましょう。また、封筒の裏面には自分の氏名・住所を記入しておきます。
※「履歴書在中」のみ赤ペンで記入。その他は黒いペンで記入します。

★会員登録がまだのかたはこちら

会員登録(無料)/MEMBER REGISTRATION(FREE)
  • ランドハウジング
  • コンビニ求人Z
  • アジア人材就職・転職説明会

就活マニュアル

就職活動/履歴書の作成

採用されるような履歴書を用意しましょう。

履歴書は学歴や職歴、取得している資格・免許などを伝えるための書類です。書き方や内容で人物像が判断されるケースも少なくありません。正確に記入することはもちろん、分かりやすく丁寧に記入することを心がけましょう。

準備

履歴書の用紙は文房具店や学校の購買部、コンビニエンスストアなどで販売されています。一般用(学校を卒業して初めて就職する学生向け=新卒者向け)の他に、転職者用やアルバイト・パート用などもありますので購入の際には注意しましょう。
複数の企業に応募する場合は、各企業にそれぞれ履歴書を提出することになります。その際、コピー(複写)は行わず、1通ずつ各企業に向けた内容をよく考えて作成することが大切です。
履歴書に記入する際は黒いボールペンを使用します。記入に間違いがあった場合は、修正液や字消し線による修正をおこなわず、新しい用紙に記入し直します。事前に別の紙に下書きをしたり、鉛筆で下書きをしてから、清書すると良いでしょう。
※パソコンやワープロの使用も不可ではありませんが、文字の書き方も見る企業も多く、どちらかと言えば手書きのほうが好まれるようです。
履歴書には必ず写真を貼る必要があります。貼る写真はスーツなどの正装で3ヵ月以内に撮影したものを使用します。
写真店で撮影してもらうか自動証明写真機(証明写真ボックス)で撮影し、写真の裏に名前を記入しておきましょう(はがれる可能性もあるため)。

左面の記入・作成

【1】日付
提出する企業に持参する場合は当日の日付を、郵送する場合は履歴書を投函する日の日付を記入します。
【2】写真
指定の寸法にきれいにカットし、油性ペンなどで裏面に氏名を書いてから、傾かないようにのりで貼り付けます。
【3】ふりがな(フリガナ)
「ふりがな」と書かれている場合は平仮名で、「フリガナ」と書かれている場合は片仮名で記入します。
【4】氏名
フルネームを正確な文字で記入します。
【5】現住所・連絡先
都道府県から記入し、アパートやマンションの名称・部屋番号も省略せずに記入します。ふりがな(フリガナ)は漢字の部分にだけ書けばよいでしょう。
※連絡先は、現住所以外に連絡を希望する場合のみ記入します。

【6】学歴
1行名に「学歴」と記入した上で2 行目以降に内容を記入します。
小学校・中学校については卒業年月のみ、高校以降については入学年月・卒業年月とも記入します。
大学・短大・専門学校については学部・学科・専攻も記入します。現在在学中の場合は、最終行に卒業予定年月を記入した上で、「○○大学○○学部○○学科卒業見込み」などのように記入します。
※学校名などは省略せずに記入します。
※小学校・中学校については記入しなくても構いません。
【7】職歴
新卒者の場合など、ない場合は、空欄のままにしておきます。
アピールになるのであればアルバイト経験を記入しても良いでしょう。
その場合、1行目に「職歴」と記入した上で2 行目以降に内容を記入します。
【8】賞罰
1 行目に「賞罰」と記入した上で2行目以降に内容を記入します。特に記載する項目がない場合は「なし」と記入してください。
※「賞」は国レベルや州や県レベルの賞、あるいは社会的に認められた権威のある賞の受彰歴を記入します。「罰」は刑法犯など過去に犯罪歴のある場合のみ記入します。

右面の記入・作成

【1】免許・資格
持っている免許・資格の正式名称を取得年月順に記入します。数が多い場合は仕事に関係のあるものを抜粋して記載します。なお、取得を目指して勉強中のものがあれば、その旨を記入しても構いません。
【2】特技・趣味・得意科目等
自分らしさをアピールするために必要な内容です。「特になし」などとせず、必ず記入しましょう。仕事に関係ないものでも構いません。 特技の場合は経験年数などを書くのも良いでしょう。「読書」「旅行」などといった一般的な趣味の場合でも、「読書(特に日本の歴史に関するもの)」「旅行(ローカル線と路線バスで全国各地を旅すること)」などと言葉を加えると、より担当者にあなたの印象が伝わるでしょう。
【3】志望の動機
「その企業の何に魅力を感じて応募したのか」「自分は、その企業に対してどのように貢献できるのか」「どんな知識や経験を生かして、どんな仕事をしたいのか」を自分の言葉で、できるだけ具体的に書きます。履歴書の中でも最も重要な項目です。
【4】本人希望欄
自分のやりたい仕事が明確な場合は、その意志を伝えるために希望職種を記入すると良いでしょう。給料・福利厚生・勤務地などの諸条件については、どうしても譲れない場合以外は記入を控えます。特に記入する項目がない場合は空欄にせず「御社規定に準じます」と書きます。

提出の前に

誤字・脱字や不適切な言葉がないかよく確認しましょう。可能であれば日本人の友人に目を通してもらうと良いでしょう。
鉛筆で書いた下書きは、ていねいに消しましょう。
履歴書を持参する場合も封筒に入れて提出します。封筒の表面には「株式会社○○○ 人事部 ○○樣」あるいは「株式会社○○○御中」などと提出先を記入し、さらに「履歴書在中」と封筒の表面に記入しましょう。また、封筒の裏面には自分の氏名・住所を記入しておきます。
※「履歴書在中」のみ赤ペンで記入。その他は黒いペンで記入します。

★会員登録がまだのかたはこちら

会員登録(無料)/MEMBER REGISTRATION(FREE)
  • ランドハウジング
  • コンビニ求人Z
  • アジア人材就職・転職説明会